採用メッセージ

人事部からのメッセージ

現在弊社の採用は、鎌田(マネージャー)が薬剤師を、中島(マネージャー)が総合職をそれぞれ担当しています。
企業説明会などで、すでにお会いした方もいらっしゃるかもしれません。
二人から、採用で重要視していること、ウェルパークのこれからの展望などについて聞きました。
患者様・お客様、そして当社で働くすべてのスタッフに「ていねいに、心を通わせて」いきたいという
ウェルパークの想いを、ぜひ感じてください。

お客様満足と従業員満足の両立を目指して

人事部の観点から見たウェルパークの魅力は何ですか?

中島
私は、ウェルパークを“温かい会社”だと思っています。上司、同僚、部下の距離がとても近く、アットホームな雰囲気です。また、お互いの距離が近い分、一人ひとりの意見が反映されやすいのも大きな魅力。自分の声が直接会社を成長させる。自分が成長することで、ウェルパーク自体も大きくなっていく。そんなところにやりがいを感じられるでしょう。

鎌田
当社は地域密着型の企業として、首都圏に限定した店舗展開を継続してきました。そのため、「転勤がない」というのは、就職先を選ぶ際にはかなりの魅力ではないでしょうか。また、地域密着型企業というのは、お客様のためだけではなく、社員のためにもなります。「○○さんは今ごろ何をしているだろう」「○○さんは、その後どうなったかな」。気になればすぐに連絡が取れますし、実際に働いている店舗に足を運ぶこともできます。全社員の距離が近いからこそ、お互いのことを親身に思いやることができる。一人ひとりの従業員全員が「会社のエンジン」になっている。それがウェルパークの大きな強みでしょう。

ウェルパークの今後の展望について聞かせてください

中島
一都三県での事業拡大を継続させながら、すべての社員にとって働きがいのある会社づくりを目指しています。そのためにも、現在は人事制度を含めた変革を行っています。また、現在店舗として強化しているのは「美容」と「健康」に関する分野。ドラッグストアをご利用されるお客様は、7割が女性だといわれています。これは、美容と健康に深い関わりがあることを表しています。薬、化粧品、健康食品でトータルに患者様・お客様をケアしていきたい。その想いから、当社は「ビューティー」という化粧品の担当者を設け、管理栄養士も採用し、”身体の内面からキレイになる”という概念をさらに浸透させようと考えています。

鎌田
社会福祉の観点からも、これからドラッグストアに求められることはどんどん増えていくでしょう。そんな中で、競合他社とどこで差別化を図るのか。それは企業の規模ではなく、「人」だと私たちは考えています。“ウェルパークの人になら安心して相談できる”“ウェルパークが近くにあると本当に助かる”。そんな患者様・お客様の声と、その声を聞くためのスタッフたちの活躍こそが、当社をさらに成長させる力になるでしょう。

女性も活躍しやすい職場

女性が活躍するための体制について聞かせてください

中島
現在、店長・本社スタッフとして働いている女性は約20名。重複しますが、ドラッグストアは女性のお客様が7割を占めるので、“女性目線”の店舗づくりは今後さらに必要とされるでしょう。これからは女性の部長職など、積極的にキャリアアップを支援していきたいですね。

鎌田
女性には出産や育児といったライフステージがあるので、もちろん当社にはそれを支援する制度があります。産休後の復帰も、これまでと同じ店舗か、自宅から一番近い店舗かを選べるようになっています。実際に復帰され、活躍を続けるスタッフもたくさんいます。加えて、当社では育児中の時短勤務を小学校低学年(3年生)までに延長。女性の各ライフステージをしっかりサポートしています。

その他の制度についてはいかがですか?

中島
当社では育休・産休同様、介護休暇の制度もきちんと用意しています。それを利用したことでキャリアに影響が出ることはもちろんありません。人事部では、積極的にこうした制度の活用を推奨しています。

「思いやり」と「向上心」

採用において、応募者に期待することは何ですか?

鎌田
当社の薬剤師に必要なのは、“誰に対しても、優しさをもって接することができるか”ということです。また、当社には薬局長や、本社の薬事部などへのキャリアアップ・キャリアパスもあります。薬剤師としてスキルを磨きながら、こうした将来のビジョンも描いていただきたいですね。

中島
総合職では、“人に優しく”、“笑顔”、そして“年功序列ではない”という三点をアピールしています。何年勤務していたから自動的に店長、という会社ではありません。向上心を持ち、「自分の力で会社を成長させたい」「こんなところを改善していきたい」そんな想いを持つ方にこそ、当社は多くのチャンスを用意しています。ぜひ、私たちと一緒に会社を成長させていきましょう!

キャリアアップやキャリアパスを目指す方にアドバイスをお願いします

鎌田
店長や薬局長へとキャリアを積み上げていく社員に最も必要なのは、コミュニケーション力です。店舗のスタッフたちに「この人のために頑張りたい」と思ってもらえるかどうか。信頼関係を築くことができていれば、スタッフもお店の売上アップのために尽力しますし、ブロック長などエリアを統括する管理職からも「この人にならお店を任せられる」と評価されるでしょう。

中島
キャリアパスについてですが、私は入社当初から“いつかは人事部で働きたい”と考えていました。その後、現場での店長・ブロック長経験や商品部でのバイヤー業務を経て人事部に配属されました。大切なのは、“自分はこれがやりたい”と常に声を出し、アピールし続けることだと思います。そうすれば、各部署で増員が検討された時、真っ先に候補に上がるはずです!

ご入社を検討されている方へメッセージをお願いします

社会人として、自分自身の成長を肌で感じることができるのがウェルパークです。そして、その成長は自分一人で成し遂げるものではありません。目標へ向かい仲間たちと努力し、達成した時は喜びを分かち合う。そんなやりがいを、ぜひ当社で感じてください!
中島 裕基さん マネージャー 採用担当:総合職

ウェルパークは、本当に良い会社だと思います。将来性もありますし、仕事を続けるうちに、色々な可能性を見出せるでしょう。最初は小さな目標でもかまいません。少しずつ大きな目標を目指し、私たちと一緒にウェルパークを成長させていけたら、と思います。皆さまのご入社を、社員一同、心よりお待ちしています!
鎌田 昌宏さん マネージャー 採用担当:薬剤師

(担当部署・役職・店舗については2018年3月現在のものです)