セルフメディケーション税制

2017年1月1日から2021年12月31日までの時限立法です

スイッチOTC薬の購入で所得控除が受けられます!

1年間(1月1日~12月31日)に世帯で購入したスイッチOTC薬の購入額が合計で12,000円を超える場合に、88,000円を限度に総所得金額から控除を受けることができます。

※所得控除の対象となる品目は1983年以降にスイッチされた82成分が配合された要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、約1500品目が対象となります。詳細は厚生労働省ホームページ掲載の品目一覧をご参照ください。

OTC薬とは?

薬局・ドラッグストアなどで販売されている医薬品のことです。

スイッチOTC薬とは?

もともと病院で処方せんを受けなければ手に入らなかったお薬が、安全性・有効性両面から鑑み、医師のもとでなくても使用することができると判断された際に、一般薬である「OTC薬」に切り替えられたものです。ハピコム商品で言うと、「ロキソプロフェン錠『クニヒロ』」などが挙げられます。

減税効果の一例

課税所得400万円の者が、対象医薬品を年間20,000円購入した場合(生計を一にする配偶者その他の親族の分も含む)

  • 8,000円が課税所得から控除される
    対象医薬品の購入金額:20,000円 - 下限額:12,000円 = 8,000円
  • 減税額
    • 所得税:1,600円の減税効果(控除額:8,000円 × 所得税率:20% = 1,600円)
    • 個人住民税:800円の減税効果(控除額:8,000円 × 個人住民税率:10% = 800円)

控除をうけるには…

次ののいずれかを受けていること。1.特定健康診査、2.予防接種、3.定期健康診断、4.健康診査、5.がん検診。適切に健康管理をした上で、薬が必要になった場合に控除を認めるということです。本人(申請者)と生計を一にする配偶者とその他の親族も対象です。配偶者その他親族は未受診でも控除対象となります。「スイッチOTC薬を買えばOK」という訳ではないので注意が必要です。プラス、対象医薬品の購入レシート、または領収書を添付する必要があります。

注意点

スイッチOTC薬は「医療費控除」の対象でもあるのですが、「スイッチOTC薬の所得控除」と従来の「医療費控除」の両方を適用することはできません。

スイッチOTC医薬品約1500品目が対象商品になります。このマークが目印!セルフメディケーション税控除対象