ウェルパークのお仕事

総務部

会社の経営を支える縁の下の力持ち!

Interview細谷 淳郎さん 部長

総務部のお仕事について

総務部は、店舗や各部署の業務がスムーズに進むようにサポートをしている部署です。
お客様対応から備品や消耗品の管理、コンプライアンスなどの社内ルールの作成まで、バックオフィスのすべてを取り仕切っているといっても過言ではありません。

キャリアを積んだその先にある職種

具体的な仕事の内容を聞かせてください

私たち総務部の業務は、明確に「これとこれとこれ…」という区分がありません。基本的に会社が必要とする裏方の業務のほとんどを担っていると言えます。店舗やお客様からの問い合わせ対応といった対応業務や各部署の契約書の管理、人事の教育補助、経理の会計管理まで、挙げていくときりがありません(笑)。私は部長職として部下の業務管理をする傍らお取引様との商談や店舗の土地をお借りしている不動産オーナー様との契約更新や挨拶回りや官公庁への法令文書の提出などを行っています。

会社の中でも、とりわけ幅広い知識が必要な仕事のように感じます?

そうですね。全ての部署に何らかの形で関わっているので、新入社員の皆さんがいきなり配属される場所ではありません。ただ、幅広い知識を身につけたい方にとっては打ってつけの部署だと思います。

知識を深めるためにどんな取り組みをしていらっしゃいますか?

総務部に必要なのは、広い知識です。それぞれの知識を掘り下げるための資格の勉強などをしていますが一番大事なのは社会の動きに敏感であることだと思います。
それは新聞等から得られる情報であったり、お取引先様からの情報であったりしますが情報を整理し深く理解しようとするとわからないことが出てきます。
理解を深めるために勉強する。そんな繰り返しです(笑)。

かなり多忙な印象を受けますが……

多忙ではありますがメリハリをもって仕事をしています。私たちの仕事は多くの方との折衝を行うこともあり、仕事とプライベートのメリハリをしっかりつけてリセットしないと、効率的な仕事ができなくなってしまいます。仕事をする時は仕事に専念!終業後は仕事のことは一切考えない!……というくらいの切り替えが必要だと思います。

会社の骨組みづくりから肉付けまで行うやりがい!

総務部に就いた経緯をお聞かせください

入社して13年になります。ウェルパークに入社する前は化粧品の販売を行い、当社に入社後は、商品部、営業企画部のマネージャー、ブロック長など、様々な職種を経験してきました。様々な環境で常に努力する姿勢が評価されて、今のポジションを与えられたのかもしれません。

やりがいを感じるのはどんな時ですか?

総務部で仕事をするメリットは、取引先となる業界が全部署の中で一番多いので、様々な情報や知識を得られるということです。やりがいとは少し違うかもしれませんが、「色々なことに興味がある」という人には魅力的かもしれません。やりがいと言えば、総務部は見えないところで会社の経営を支えている、「縁の下の力持ち」だと私は思っています。

確かに、企業を陰で支える立役者という印象があります

ウェルパークは現在、さらに大きな企業へ成長するための一歩を踏み出しています。そのため、コンプライアンスなど会社のルールづくりの強化が重要となります。会社が前へ進み、社員全員がそれぞれの部署で活躍するためには、企業の骨組みであるルールや、それを支えるバックオフィスがしっかり整っていないといけません。「自分たちが会社を支えている」そんなプライドを持って仕事をしています。

臆することなく進めば、新しい道が開く

Message ご入社を検討されている方へ

目標を設定する上での助言になってしまいますが、「今できることは今やりましょう!」ということはお伝えしたいですね。明日やればいいや、ではなく、すぐに行動を起こすことが大切です。もちろん、思案のために足を止めることも重要です。しかし、考えはするけれど実行に移れない、という事態は仕事に限らず必ずあります。そこを、一生懸命考えて、考え抜いたら腹を決めて動く。そんな姿勢で前に進めば、必ず次のステップが見えてきます。ぜひ、やりたいことや、挑戦したいと感じたことは、物おじせずにチャレンジしていってほしいですね。

(担当部署・役職・店舗については2018年3月現在のものです)