ウェルパークのお仕事

薬局長

薬剤師から「薬局長」へのキャリアアップも可能!

Interview山田 雄大さん 薬局長 東大和南街店

薬剤師のお仕事について

ウェルパークは、調剤薬局併設型のドラッグストアを首都圏各地域に展開しています。処方箋が必要な処方薬を扱うこれらの店舗には、薬剤師が数名在駐。調剤からOTCまで、患者様・お客様の悩みに応えるために日々専門的な知識を活かして活躍しています。

さらなる「地域密着型企業」を目指して

具体的な業務内容について聞かせてください

現在は薬局長として薬剤師の仕事以外に、「店長」と同様に店舗の運営管理も行っています。具体的には、各スタッフのスケジュール作成や店舗の売上管理、お店の流れを見て“やって欲しい業務”を指示するなどです。また、近隣の各病院や、在宅医療を行っている先生やケアマネージャー(介護支援専門員)の方々へ定期的にご挨拶にも出向きます。

医療従事者の方々へご挨拶を行う理由は何ですか?

当社では、厚生労働省が推進している「健康サポート薬局」をさらに進化させた『生活サポート薬局』の確立を目指しています。在宅医療の需要が高まる今、各地域に密着した医療機関が連携を取ることは大変重要です。患者様・お客様を、治療だけでなく日々の生活レベルでご支援できるよう、地域の皆さまとの交流をさらに深める。これは、今後のウェルパークの在り方を変えるための課題ともいえるでしょう。

説明会で感じた「この人と一緒に働きたい」という想い

ウェルパークへ入社された経緯を聞かせてください

薬剤師には、大きく分けて二つの選択肢があります。病院での薬剤師と、調剤薬局での薬剤師。私は接客が好きだったので、より多くの患者様・お客様と触れ合える薬局の薬剤師を希望していました。そんな中、在学中に参加したウェルパークの企業説明会でお話を伺ったのが、人事部の鎌田さんでした。その後の合同説明会でもお会いし、話をしていくうちに「この人と一緒に働きたい」と感じるようになりました。当時、どこに入社しても薬剤師の仕事自体に大きな違いはないと考えていたので、どこで選ぶかといえば、やはり「人」の部分。信頼できる人の下で働きたいという想いが、当社を選んだきっかけですね。

調剤だけでなく、店舗の売上管理も担う「薬局長」

入社後、薬局長へとキャリアアップされるまでどのくらいかかりましたか?

約4年間薬剤師として仕事をして、薬局長に就任しました。実は、就任の1年前に一度「薬局長にならないか」とオファーをいただいていたんです。しかし、当時は売上に関する部分など不明点も多く、「管理職がどんなものか把握したいので、1年待ってください」とお断りしました。1年後に改めてお話をいただき、“これを逃したらチャンスはないな”と思い、意を決して薬局長になりました。

薬局長となられてからは、どのようなところに苦労されましたか?

引き継ぎの期間はありましたが、売上に関する部分などは前任の薬局長に頼っていた部分も大きかったので、実際に自分一人で全てを担うことに不安がありました。また、「朝・昼・夜用にパックで分ける」「10錠のシートごとにキレイに揃える」など、患者様によって薬の渡し方も異なります。通常は伝言メモで“この患者様にはこの渡し方”など事前に情報が把握できるのですが、情報のない方もいらっしゃいました。そのため、引き継いだ直後は患者様に直接お伺いするなどして対処していました。

現在、薬局長として努力していらっしゃることは何ですか?

東大和南街店は、薬局長となり2つ目の店舗。以前のお店に比べ従業員も多いので、各スタッフとのコミュニケーションを大切にしています。毎日声をかけて、雑談がてら体調を見たり、悩みがないかなど確認したりしていますね。また、当社は管理職専用の教育や勉強会にも非常に力を入れています。管理職の研修で学んだことを活かし、スタッフのモチベーションを上げるために「仕事がきちんとできていたら褒める」など、きちんと声をかけるようにしています。勉強会では、メーカーの方がいらして新薬の説明を行ったり、2年に一度改正される保険制度について、薬事部の水谷さん(教育担当)から改正内容の共有があります。患者様への貢献が大前提となりますが、「加算点数」でいかに利益を出すかなどを学んでいます。

管理職に就いても、お休みはしっかり取れるのでしょうか

休日はしっかり取れていますよ。社内でのレクリエーションも盛んで、部下の中にはフットサル大会や、同期で集まってBBQを開催したりしています。もちろん自由参加です。私は走るのが好きなので、休みの日はフルマラソンに出場したりしています。

患者様・お客様との交流があってこそのドラッグストア

今後の目標を教えてください

かねてから目標にしていることは、新規店舗の薬局長になることです。完全に新しい店舗で、ゼロからお客様と信頼関係を構築し、お店自体も“自分の色”が出せるようにしてみたいですね。あとは重複してしまいますが、地域とのつながりをより深めること。今後の医療業界全体を活性化させるためにも、地域との結びつきはこれからの薬剤師にとって必要不可欠な要素になっていくと思います。

Message ご入社を検討されている方へ

ひと言に「薬局へ就職する」といっても、重点を置く部分は人によって違うと思います。私が感じているウェルパークの特化している点は、「働きやすさ」と「プライベートの充実」の二つです。働きやすさとは、会社の規模も関係していますが、縦・横のつながりが非常に近いということです。そのため、業務改善の方法など、直接上司へアイデアを提案しやすいのではないでしょうか。労働環境については、穏やかというか、薬局の印象として持たれがちな“ハードワーク”は、他社と比較してかなり少ないと思います。

あとは、OTCも併せて行うので、調剤室にこもるのではなく、お客様と接するのが好きな方に来ていただきたい、というところです。ドラッグストアは、患者様・お客様との交流があってこそ!ですから、コミュニケーションの部分をしっかり頑張れる方なら、楽しい職場になると思います!

(担当部署・役職・店舗については2018年3月現在のものです)